SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
HFTLSQ-30-50PF1
ズーム

構成されるレンズの材料を全て合成石英にすることで、高出力レーザや高エネルギーのパルスレーザにも耐えられる集光レンズを実現しました。
Ybファイバーレーザをはじめ、YAGレーザ、YVO4レーザ等の各種固体レーザの集光およびコリメートに使用できます。

◦焦点距離60mm以上のレンズでは、波長1064nmで球面収差とコマ収差が十分に補正されており、レーザコリメート光をほぼ回折限界のスポット径に絞り込むことができます。
◦帯域が広い反射防止膜コートにより、1040~1150nmの波長域のファイバーカップルドレーザで使用することができます。
◦632.8nmである程度の透過率が得られているので、ガイド光としてHe-Neレーザが使用できます。

ご案内

▶集光レンズを固定するための専用レンズホルダー(LHF-M29-25、LHF-M34-30、LHF-M50.9-50)をご用意しています。
▶HFTLSQ-15-20PF1には固定集光レンズホルダー(LHF-M29-25)に取り付けるための専用アダプタが付属されています。
▶HFTLSQ-20-30PF1には固定集光レンズホルダー(LHF-M34-30)に取り付けるための専用アダプタが付属されています。
▶高エネルギーパルスレーザ用やご指定波長などのカタログ掲載品以外の製作も承ります。
▶お客様の仕様でロット数百個の製作にも対応いたします。
▶レーザ加工による飛まつからレンズを保護するため、別売りの保護ガラスを装着できます。
W3081

注意

▶集光レンズは無限遠にある物体を焦点に結像させる場合、または、点光源を平行光にする場合にご使用ください。近距離の結像などに使用した場合、十分な光学性能が得られません。
▶集光レンズには光を入れる向きがあります。必ず上側(鏡筒側面の刻印を正立に見て)から平行光を入射させてください。
逆にすると色収差や球面収差が大きくなり、集光スポットが大きくなったり、像がボケて見えることがあります。
▶指定波長域以外で使用した場合、色収差や透過率が悪くなります。
▶高出力レーザで使用する場合や高熱が出る光源の近くで使用する場合、集光レンズが高温になり、集光レンズの焦点距離が変化する可能性があります。長時間照射する場合は、放熱対策が必要になります。
▶入射ビームが細すぎると、集光スポット径は小さくなりません。
▶この集光レンズはアクロマティックレンズではありません。色収差は補正されていません。

外形図

ズーム
機能説明図

ズーム
製品

品番

価格(円)

在庫状況

数量

見積/購入

HFTLSQ-30-50PF1

RoHS  

105,000

お問合せ
共通仕様
材質合成石英
枠材質アルミ 表面処理:黒アルマイト
設計波長1064nm
コーティング反射防止膜
透過率 >98.5% (1060~1080nm)
>97% (1040~1150nm)
>53% (600~700nm)
レーザ耐力7J/cm2 (パルス幅10ns、繰り返し周波数20Hz)
仕様

焦点距離 f

50mm

外径 φDc

φ36mm

有効径 φDe

φ27mm

長さ L

28mm

固定用ネジ Ma

M34 P0.75

取付用ネジ Mb

M28 P0.75

NA

0.27

WD

35.4mm

入射許容角度

±1°

Documents / Downloads

品番

カタログPDF

dxf

STP

IGS

SAT

Zemax

HFTLSQ-30-50PF1

Related product