SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
WPQW-NIR-2M
ズーム

位相差の波長特性が異なる2枚の結晶を組合せることで、広い波長範囲で位相差の変化が小さい、ゼロオーダーの波長板を実現しました。
エアギャップタイプのため、高出力レーザにも使用することが可能です。

◦ゼロオーダー波長板なので、温度変化による位相差の変化は小さく、非常に安定しています。
◦波長板には偏光方位を回転できる1/2波長板と直線偏光を円偏光に変換できる1/4波長板の2タイプがあります。
◦可視域タイプと帯域の異なる3つの赤外用タイプの計4タイプをご用意しています。
◦光学素子は枠に固定されていて、ホルダーに保持するときに素子に応力が加わらないようになっています。
◦2枚の素子の両面(計4面)に反射防止コートを施しているので、高い透過率が得られています。

ご案内

▶カタログ掲載品以外の波長に対応した波長板の製作も承ります。
お問合せシートをご利用ください。W3803
▶さらに波長依存性が小さいフレネルロム波長板(FRB)もご用意しています。W3035

注意

▶ご使用前に、入射レーザビームのエネルギー密度がレーザ耐力を超えていないことをご確認ください。
▶枠の肉厚(6mm)は素子の仕様によって変わることがあります。
▶高エネルギーのパルスレーザを使用する場合は、エアーギャップタイプ波長板(WPQG)をご使用ください。
W3031
▶波長板枠のネジは触らないでください。特性が悪くなったり、素子が脱落する可能性があります。
▶波長板枠に強い衝撃が加わると、素子の軸がずれ特性が悪くなる可能性があります。

外形図

ズーム
機能説明図

ズーム
位相差波長特性(参考データ)

ズーム
製品

品番

価格(円)

在庫状況

数量

見積/購入

WPQW-NIR-2M

RoHS  

142,500

お問合せ
共通仕様
材質水晶 MgF2
枠材質アルミ 表面処理:黒アルマイト
有効範囲14×14mm
透過波面精度λ/4( 基板1枚当たり)
ビーム偏角<5″
コーティング両面 反射防止膜(4面) 
透過率>平均98%
スクラッチ-ディグ20−10
仕様

タイプ

λ/2

適応波長 λ

700~1000nm

設計上のレターデーション (第1波長)

344.8nm (700nm)

設計上のレターデーション (第2波長)

402nm (800nm)

設計上のレターデーション (第3波長)

450.4nm (900nm)

設計上のレターデーション (第4波長)

494.4nm (1000nm)

レーザ耐力

7J/cm2

※レーザパルス幅 10ns、繰り返し周波数 20Hz

Documents / Downloads

品番

カタログPDF

dxf

STP

IGS

SAT

Zemax

WPQW-NIR-2M

Related product