SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
ATL/NADL
焦点距離 f
長さ L
NA
WD
ズーム

レンズを接着剤で貼り合わせていないエアーギャップタイプのアクロマティック集光レンズです。
同軸観察系を内蔵した、532nm高出力レーザ加工機の集光レンズとして使用されています。

◦レンズ設計による最適化で、532nmを中心に広い波長域で色収差が補正されています。
◦焦点距離60mm以上のレンズでは、レーザコリメート光をほぼ回折限界のスポット径に絞り込むことができます。
◦レンズに反射防止膜コートが施してあるので、反射による光量の損失が小さく、効率良くビーム集光ができます。

Related product
製品
技術データ
Documents/Downloads
ご案内

▶高エネルギーパルスレーザ用やご指定波長などのカタログ掲載品以外の製作も承ります。
▶お客様の仕様でロット数百個の製作にも対応いたします。
▶レーザ加工による飛まつからレンズを保護するため、別売の保護ガラスが装着できます。
W3081
▶集光レンズを固定するための専用レンズホルダー(LHF-M34-30)をご用意しています。
W4023
▶各波長ごとの焦点距離はWEBの『焦点距離の波長特性データ』でご覧ください。

注意

▶集光レンズは無限遠にある物体を焦点に結像させる場合、または、点光源を平行光にする場合にご使用ください。近距離の結像などに使用した場合、十分な光学性能が得られません。
▶集光レンズには光を入れる向きがあります。必ず上側(鏡筒側面の刻印を正立に見て)から平行光を入射させてください。逆にすると色収差や球面収差が大きくなり、集光スポットが大きくなったり、像がボケて見えることがあります。
▶指定波長域以外で使用した場合、色収差が大きくなり、透過率も悪くなる可能性があります。
▶高出力レーザで使用する場合や熱が出る光源の近くで使用する場合、集光レンズが高温になり、集光レンズの焦点距離が変化する可能性があります。長時間照射する場合は、放熱対策が必要になります。
▶入射ビームが細すぎると、集光スポット径は小さくなりません。

共通仕様
材質クラウン系ガラス-(エアーギャップ)-フリント系ガラス
枠材質アルミ 表面処理:黒アルマイト
設計波長486nm、532nm、656nm
コーティング可視域反射防止膜
入射許容角度±1°
レーザ耐力1J/cm2 (パルス幅10ns、繰り返し周波数20Hz)
外形図

ズーム
機能説明図

ズーム
参考データ
スペック
比較
品番
カートへ入れる カート
    価格(円) 在庫状況 数量
ATL-30-40PY2
ATL-30-50PY2
ATL-30-60PY2
NADL-30-80PY2
NADL-30-100PY2
NADL-30-150PY2
NADL-30-200PY2

40.2mm

22mm

0.34

30.1mm

49.4mm

22mm

0.27

39mm

58.9mm

22mm

0.23

49mm

80.1mm

13mm

0.17

71.8mm

99.8mm

13mm

0.14

91.9mm

150mm

12mm

0.09

142.1mm

199.8mm

12mm

0.07

193.1mm

RoHS  

80,000

在庫わずか
RoHS  

80,000

お問合せ
RoHS  

80,000

在庫わずか
RoHS  

65,000

お問合せ
RoHS  

65,000

在庫わずか
RoHS  

65,000

在庫わずか
RoHS  

65,000

お問合せ