SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録


C16-MPH
ズーム

偏光素子をケージシステムに組み込むためのホルダーです。

◦ ケージシステムには、多種多様な部品を光軸に沿って取り付けるように専用ロッドが4本使用されています。ケージシステムには、φ6mmの専用ロッドを使用する□32mmコーナー配置(C32シリーズ)のオリジナルサイズをはじめ、□30mmコーナー配置(C30シリーズ)と□60mmコーナー配置(C60シリーズ)の3タイプがあります。さらに小型化が可能なφ4mmの専用ロッドを使用する□16mmコーナー配置(C16シリーズ)の計4タイプをラインナップしています。
◦ ホルダープレートはロッド(ケージ)の中を光軸方向にスライドさせることができます。ステージを使わなくても、レンズの焦点合わせやカメラのピント合わせが簡単にできます。

Related product
製品
技術データ
Documents/Downloads
ご案内

▶ケージシステムを他の機器に固定する方法やWEBカタログに掲載の無い部品については営業までご連絡ください。
▶ ケージシステムを使った光学系のご相談は営業までご連絡ください。

注意

▶ロッドの取付けを強く締めすぎたり、締める力が場所によって大きく違っていると、他のホルダーにロッドがはまらなくなることがあります。
▶最初はロッドを軽く固定し、光学系を構築後にロッドを固定する力が各ホルダーで均等になるように締め込んでください。
▶大きな光学系や細長い光学系を構成した場合、光学系が歪んだり、振動により光学系が不安定になることがあります。

共通仕様
主要材質アルミ
表面処理黒アルマイト
外形図
■C16-MPH-12.7

ズーム
ホルダープレートのサイドイン固定方法

ズーム

①ロッドを支点にしてホルダープレートを回転させます。(ホルダープレートは矢印が支点)
②2本のロッドにホルダープレートの溝が奥まではまり込むようにします。セットボルトを締めることで、ロッド(ケージ)にホルダープレートが固定されます。
③4本目のロッドで、ホルダープレートを押さえ、ホルダープレートが抜けることなくロッドをスライドできるようにします。

品番

カタログPDF

dxf

STP

IGS

SAT

C16-MPH-12.7

品番
ロッドサイズ(間隔) 適応素子径 適応素子厚さ 有効径 調整範囲 最小読取 組付け 質量
カートへ入れる カート
    価格(円) 在庫状況 数量
C16-MPH-12.7

φ4mm (16x16mm)

φ12.7mm

2~8mm

φ10mm

360°

2.5°

ロッドの側面からスロットイン

0.013kg

RoHS  

11,000

在庫あり