SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
DPB/DPSQ/DPTIH11
材質
A=B
ズーム

細くコリメートされた白色光をプリズムに入射させると、波長に対する屈折率の違いによって波長成分に分かれて出射します。
分散プリズムは分光器やフェムト秒レーザの発振器の分散補償などに使用されます。

◦45°プリズムより波長分散が大きく、効率良くスペクトルを観察できます。
◦正三角柱の側面を3面とも研磨されているので、どの面からでも使うことができます。
◦DPSQタイプは合成石英製で、紫外域でも使用することができます。
◦DPTIH11タイプは屈折率の波長分散が大きく、効率良くスペクトルを観察できます。

Related product
製品
技術データ
Documents/Downloads
ご案内

▶プリズムの固定にはプリズムホルダー(PLH)をご用意しています。W4025
▶カタログ掲載以外のサイズのものの製作も承ります。

注意

▶実測のA寸法は面取りを含むので、カタログ寸法より若干短くなります。寸法公差は斜面と2つの底面によってできる三角形の辺によって定義されます。
▶プリズムの面は反射防止コートされていないので、透過率は11%以上の損失が生じます。(ただし、非偏光の場合)

共通仕様
品番DPB DPSQ DPTIH11
材質BK7 合成石英S-TIH11相当
屈折率 nd1.5171.4581.785
最小偏角49.3° 46.8° 66.4°
アッベ数 νd 64.167.825.7
角度60 °±3′ 60 °±3′ 60 °±3′
基材面精度λ/10λ/10λ/4
スクラッチ-ディグ20−1020−10 40−20
有効径A、B寸法の90%の正方形に内接する円
外形図
■DPB/DPSQ

ズーム
■DPTIH11

ズーム
機能説明図

ズーム
最小偏角法によるガラスの屈折率測定

ズーム

光学ガラスの屈折率はゴニオメータと呼ばれる角度を精密に測る装置で測定されています。
既知の波長の輝線スペクトルが発光しているランプを使って、波長ごとに屈折率を精度良く測定します。
この測定結果から屈折率の波長分散が求められます。

ズーム
透過率波長特性(参考データ)

ズーム
T:透過率
スペック
比較
品番
カートへ入れる カート
    価格(円) 在庫状況 数量
DPB-20-10H
DPB-25-10H
DPB-30-10H
DPSQ-20-10H
DPSQ-25-10H
DPSQ-30-10H
DPTIH11-20-4H
DPTIH11-25-4H
DPTIH11-30-4H

BK7

20mm

BK7

25mm

BK7

30mm

合成石英

20mm

合成石英

25mm

合成石英

30mm

S-TIH11

20mm

S-TIH11

25mm

S-TIH11

30mm

RoHS  

20,900

在庫あり
RoHS  

30,400

在庫あり
RoHS  

39,900

在庫あり
RoHS  

28,500

在庫わずか
RoHS  

38,000

在庫あり
RoHS  

47,500

在庫あり
RoHS  

7,300

在庫わずか
RoHS  

7,600

在庫あり
RoHS  

9,500

在庫わずか