SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
USP
外径 φD
ズーム

安価で大きな有効径が得られる偏光板です。
光弾性実験などの簡単な偏光実験や照明光の光量調整などに使用します。

◦偏光板を2枚使うと色々な偏光実験ができます。(平行ニコル、クロスニコル)
◦光源に偏光板を2枚入れてそれぞれの偏光板の偏光軸の向きを変えると、ダイナミックレンジの広い光量調整ができます。
◦偏光板は薄く軽量なので、光学系の光路の狭い隙間に入れることができます。
◦可視光の広い範囲で消光特性が得られているので、白色光を使った鋭敏色法にも使用できます。
◦薄いプラスチックシートなので、落としても破損することはありません。

Related product
製品
技術データ
Documents/Downloads
ご案内

▶カタログ掲載以外のサイズが必要な場合は、営業までご相談ください。
お問合せシートをご利用ください。W3804
▶プラスチックシートは、カッターなどで自由な形状に裁断することが可能です。
▶消光比が高い、偏光フィルター(SPF)やグラントムソンプリズム(GTPB/GTPC)もご用意しています。
W3037W3450
▶偏光板の固定はフィルターホルダー(FHS)をご用意しています。W4043

注意

▶偏光軸の方向はマーキングされていません。偏光軸の調べ方は偏光板のアプリケーションノートをご確認ください。
▶偏光板には偏光特性以外に吸収によるロスがあります。平行ニコルにしても透過率は30%前後になります。
▶高温の環境下では、素子が変形したり、濃淡のムラができる可能性があります。
▶高出力のレーザを入射させると素子が高温になり、素子が燃える可能性があります。絶対に高出力レーザには使用しないでください。
▶プラスチックシートなのでアルコール以外の溶剤は使用しないでください。
▶プラスチックシートの透過波面精度は高くなく、素子の固定方法や個体差によって大きなバラツキがあります。
▶プラスチックシートは紙で擦るだけで傷が付きます。傷による散乱や回折を気にする実験には偏光フィルター(SPF)をご使用ください。
W3037
▶消光比は波長によって異なるので、消光させたときに紫色の光が観察されることがあります。
▶偏光板の両面には、キズ防止用の保護シートが貼ってあります。必ず保護シートをはがしてからご使用ください。

共通仕様
構造2色性色素フィルム プラスチック
2枚のプラスチックの間にフィルムを接着
適応波長400~700nm
外形図

ズーム
機能説明図

ズーム
透過率波長特性(参考データ)

ズーム
T:透過率

品番

カタログPDF

dxf

STP

IGS

SAT

Zemax

USP-25.4C0.4-38

USP-30C0.4-38

USP-50C0.4-38

スペック
比較
品番
カートへ入れる カート
    価格(円) 在庫状況 数量
USP-25.4C0.4-38
USP-30C0.4-38
USP-50C0.4-38

0.4mm

φ25.4mm

0.4mm

φ30mm

0.4mm

φ50mm

RoHS  

2,000

在庫あり
RoHS  

2,000

在庫あり
RoHS  

3,000

在庫あり