SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

ユーザー登録
VND
φD1
φD2
厚さ t
適応波長
ズーム

フィルターを回転(または直進)させることで、透過率を可変することができる反射型NDフィルターです。
光量調整が必要になる計測実験や、カメラによる観察画像の輝度の調整などに使用できます。

光量は連続的に可変でき、任意の明るさを選定することができます。
◦透過率は可動量に対し対数的に変化しているので、ダイナミックな光量調整が容易にできます。
◦フィルターの形状は非常に薄いので、光学系の少しのすき間にも挿入でき、容易に光量調整が可能です。
◦VND-Uは基板に紫外の透過性が良い合成石英を用いています。紫外用の可変NDフィルターとしてご使用ください。

Related product
製品
技術データ
Documents/Downloads
ご案内

▶入射角度を変えることで透過率が可変できる、可変式ビームスプリッター(VBS)もご用意しています。
W3022

注意

▶丸型の可変式NDフィルターは非常に壊れ易い形をしています。内径で固定する場合は、ガラス面の1ヵ所に力がかからないように、注意して固定してください。回転式可変NDフィルターホルダー(NDHN)で可変式NDフィルター(素子)の交換が必要な場合は、営業までお問合せください。当社で素子の交換をさせていただきます。
▶クロム膜には吸収があるので、高エネルギーのパルスレーザには使用できません。
▶フィルターに高出力レーザを入射させる場合、熱レンズ効果でビームが集光する可能性があります。高出力レーザや高エネルギーレーザには、可変式ビームスプリッター(VBS)をご利用ください。
W3022
▶フィルターの表面で反射されたレーザビームは危険です。作業者に照射しないように反射ビームを終端してください。
▶レーザビームがフィルターに垂直入射すると、フィルターで反射した光がレーザ光源に戻ります。このような戻り光があるとレーザの発振が不安定になります。戻り光がレーザ光源に戻らないように、フィルターは少しだけ傾けてご使用ください。
▶可変式NDフィルターに大きなビームを入射させると、ビーム内に強度差ができることがあります。細いビームにしてフィルターに入射させてご使用ください。

共通仕様
形状丸型矩形
材質VND:BK7 VND-U:合成石英青板ガラス
コーティングCr(クロム) Cr(クロム)
適応波長VND:400~2000nm VND-U:200~2000nm400~700nm
透過率~92% 1~92%
基板面精度λ(測定範囲φ30mm) 鏡面(未研磨品)
平行度<1′
スクラッチ-ディグ60−4080−50
外形図
■丸型

ズーム
■矩形

ズーム
機能説明図
■丸型

ズーム
■矩形

ズーム
光学濃度(参考データ)
■丸型

ズーム
OD:光学濃度
■矩形

ズーム
OD:光学濃度

品番

カタログPDF

dxf

STP

IGS

SAT

Zemax

VND-50

VND-100

VND-50U

VND-100U

VND-13

スペック
比較
品番
カートへ入れる カート
    価格(円) 在庫状況 数量
VND-50
VND-100
VND-50U
VND-100U
VND-13

φ50mm

φ15mm

2mm

400~2000nm

φ100mm

φ20mm

3mm

400~2000nm

φ50mm

φ15mm

2mm

200~2000nm

φ100mm

φ20mm

3mm

200~2000nm

-

-

-

1.6±0.2mm

RoHS  

60,000

在庫わずか
RoHS  

80,000

お問合せ
RoHS  

80,000

お問合せ
RoHS  

100,000

在庫あり
RoHS  

40,000

お問合せ