SIGMAKOKI シグマ光機株式会社

光学素子
ガイダンス
ポラライザーセレクションガイド Polarizers Selection Guide

人間は光の偏光を知覚することができません。同様に、世の中にある大部分の光検出器も偏光に感度を持っていません。
このため、偏光を観察するためには、偏光状態の違いで選択的に透過できるフィルターや偏光状態を変えることができる素子が必要不可欠になります。
ここでは、色々な種類がある偏光素子が、それぞれどのような用途に向いているのかをご紹介します。

偏光子タイプ 波長板タイプ 該当製品 特徴 精度 使用例
偏 光 板
(USP)
安価。軽量。 レーザの光量可変調整
雲母波長板
(WPM)
位相差試料の代用。鋭敏色板(位相差分布に色がつく)の代用。 応力(複屈折)分布の観察
偏光ビームスプリッター
(PBS)
偏光ビームの分離や合成に使用。 簡易的な偏光実験装置、偏光光学系(バリアブルアッテネータ、偏光干渉計、アイソレータ)
偏光フィルター
(SPF)
可視全域で安定した直線偏光が得られる。
水晶波長板
(WPQ)
レーザ波長ごとに正確な位相差を与える。
グラントムソンプリズム
(GTPC)
可視全域で高い消光比の直線偏光が得られる。 偏光計測(消光比、位相差の測定)
フレネルロム
(FRB)
広い波長域で安定した位相差が得られる
偏光を使った代表的な使用例